シスコン家でゲーム大会


 いつも、一番欲しいものは手に入らなかった。

「夏と香音ってマジで仲良いな」
「もう付き合っちゃえばー?」

 あの時、僕はちゃんと笑えていたかな。


 □■□


「愛か。おかえり」
「あら! 夏ちゃん時雨ちゃんもいらっしゃい!」

 不定期恒例ゲーム大会のために雪村家へ集合したら、パパさんがお出かけするところだった。

「お邪魔します」
「おじさんもいってらっしゃい」
「ああ。じゃあいってくる」

 そそくさと出ようとしたパパさんは、袖を引っ張られて本当に「うっ」と唸った。タイミング悪くてすいません。

「涼くん……?」

 ママさんに上目遣いで見つめられ、パパさんの顔がものすごく渋くなる。表情筋が葛藤してる。

「豊華、帰ってきてからでいいだろう」
「……」
「……」

 膠着状態をガン無視でぶち破ったのはお二人の長男だった。

「パパ、今日が遅番なんだっけ? いってらっしゃい」

 ちゅ。
 もちろん頬ですさすがに。この習慣に、パパさんは結婚して二十年ちかく経つのに慣れないらしい。私の方が慣れた。

「二人とも先に部屋上がってて。オレンジジュースでいい?」
「ありがと。お先です」

 愛はキッチンへ、私とちょっと顔が赤い時雨は二階へ。
 玄関に残ったのは雪村夫妻。

「……あいつらに何か美味いもの出してやれよ」

 初めて見たキスシーンって、あの二人のだったなあ。


 □■□


「なんで愛も夏も平然としてるんだよ……あたしがおかしいのか?」
「時雨が普通だよ」

 私は見慣れちゃった感があるだけかと。
 パパさんも人前(子どもの前)は恥ずかしいって言ってたし、アミは性格がお父さん似だから同じリアクションだろう。

「二人きりだともうちょっとイチャイチャしてるみたいだよ?」

 愛士がオレンジジュースを持ってきてくれた。うん、そこ聞いてない。
 こいつの性格を百億倍濃くすると、強引ぐマイウェイなママさんになるらしい。ちなみに、いってきますのちゅー習慣は豊華法に規定されているとかなんとか。

「今日どれやりたい?」
「マ○カ」
「ぷ○ぷよ」
「じゃあでスマ○ラで一位だった人がやりたいやつからね」
「お前がやりたいだけだろ」

 きらめく銀髪王子もこの辺は普通の高校生だ。

「あ」

 スマ○ラだとたいてい私は即死する。知らないうちに足場が無くなっているんだよね。
 そして愛士と時雨の一騎打ちになるのがいつものパターン(NPCはすでに時雨が始末している)。

「任せろ夏! 仇はとる!」
「僕、なにもしてないけどね」

 ちなみに私が使っていたのは二足歩行の狐で、時雨は道着のおっさん、愛士はピンクの歌うやつである。

「お兄ちゃん、あの……あ、なっちゃん、時雨ちゃん」
「アミ!」

 控えめなノックの後に控えめに顔を覗かせたのはアミだった。
 お邪魔しちゃってごめんなさい、と揺れた銀髪は珍しく編み込まれていた。かわいい。

「どしたの?」
「ううん、ちょっと出かけてくるから……」

 よく見るとアミは私服で、膝丈の上品な青いワンピースだった。小さな紙袋を大事そうに抱えている。
 ほんのり化粧もしているみたいだけど、それ以前にちょっと頬が赤い。

「なになにデート?」
「ち、ちがうよ……! ただ、その、元地先輩に……」
「ああああバカ愛士いいいい」

 アホ兄貴に聞こえないよう、できるだけぼそっと言ったのに。

「誰に呼び出されたって? 何で? わざわざ学校の外でそんなかわいい格好して会うの? いい度胸だねさすがヤンキー喧嘩のしすぎで頭軽くなっちゃったのかな?」

 画面の中では一位をもぎ取ったピンクの球体が跳ね回り、時雨を瞬殺した愛士がコントローラーを放ってこっちへ来た。
 元地君が関わっているからか、いつもより剣幕が気持ち悪い。

「私が一緒ならいいでしょ(途中で帰ってくるけど)」

 いくら王子でも人の恋路は邪魔できないのさ。っていうかいい加減に妹離れしろ。

「じゃあ僕も--「喧嘩するからダメ。アミ、行くよ! 時雨、そこの病人(シスコン)よろしく!」 

 当惑する美少女の手を引き階段を駆け下りた。ちっちゃくてスベスベだ!


 □■□


 夏はアミに関してやたら行動力がある。
 ……違うな。人の恋愛に関して、だ。

「あ、ちょっと時雨ちゃん、ひどっ」

 先にゴールしてしまったあたしは、苦戦している横顔を盗み見た。愛はマ○カだけすごい下手で、逆走で一周とかやらかす。
 いつも夏がいてくれたから、二人っきりは久しぶりだ。気休めだけど前髪をちょっと直した。

「やっと着いたー!」

 そうこうしているうちに最下位が走りきったらしい。
 あたしに勝てたらアミ達を追いかけていいって話だったんだけど、すっかり忘れてるなこりゃ。

「画面見すぎた……」
「倍はかかっていたからな」

 目を抑えた愛は、後ろのクッションに背中からダイブした。

「ぷ○ぷよにしようよ……マ○カは勝ち目がなさ過ぎる」
「夏がやりたいって言ってたじゃん。戻ってきたらな」
「うーん……」

 唸りながら愛は手のひらで額まで覆った。寝るのか。目疲れしやすいタイプだからな。
 静かな部屋で画面だけが賑やかなままだった。
 それをいいことに、その辺の漫画を取りつつ愛を見る。思っていたよりずっと広い胸がゆっくり上下していた。

(指、綺麗だなあ……手も大きいなあ)

 普段はもっとデカイのをぶん投げているけど、それとこれとは話が別なんだよ!
 言い訳するように、漫画をやたら掲げた時だった。

「……僕さ」
「お、おう?」
「夏ちゃんのこと、好きだったんだ」

 聞き間違い、妄想、あたしが見てる夢。
 どうにか否定したくてぐちゃぐちゃになった頭の中が、「これは現実だ」と答えを出して砂漠みたいに真っさらになる。
 それから急に何かがせり上がって来て、喉の一番苦しいあたりで止まった。

「え……?」

 辛うじて声は出たけど、打ち所が悪かった時みたいに目眩がしていた。

「今はもちろん違うよ。大切な幼馴染だ」

 愛は目を覆ったまま続ける。

「夏ちゃんって人のことよく見てるし、あんまり態度変えないでしょ? 
 俺が欲しいものに気づいてくれるのは、いつも夏ちゃんだった。小さい頃はそれが嬉しくて、一番信じられる子だったんだ」

 あたしが愛と知り合った時、もうすでに王子は完成していた。
 優しく微笑んで、息をするように人を褒める。とっくに騒がれ慣れてるように見えていた。
 だから気づかなかった。本当は、違ったんだ。
 持て囃すことは純粋な好意だけじゃない。しかもそうするのは、だいたい遠巻きの人間だ。幼稚園児や小学生が初めから慣れているわけが、対応できるわけがない。
 そして愛に似合うからと--本人にとって押し付けられるものは、愛が欲しいものじゃなかった。
 誰かから送られた綺麗な服より、夏と選んだゲームやおもちゃの方を愛は喜んでいた。
 あれだけ近くで見てきたのに。

「夏ちゃんのおかげで時雨ちゃんにも会えて、他の友達も増えて、毎日楽しかった。
 気がついたのは、香音が付き合い始めてからだったんだけどね」

 あたしは今まで何をしていたんだろう。

「……キツすぎじゃん。目の前でそんなことになってたら」
「うん。でもある日、あれ? って思ってさ」

 愛は目を開け、両腕を天井へぐーっと伸ばした。

「アミちゃんほどじゃないけど多分、兄弟みたいに思っていたんだ。取られたくない! とかそんな子どもっぽい感じ。
 あの二人がそんな風に変わるわけないのにさ」

 今考えると笑っちゃうよね、と愛は腕をパタっと落とす。

「だから香音のことも普通に好きで、別れたって聞いた時……嬉しくなかった。
 また付き合うかは置いておいて、早く仲直りしてほしい」

 本当にな。それについては同感だから頷いた。

「付き合うって言えば……鳴海もいいやつだと思う。夏ちゃんが全然気づいてないけど」

 まあ合格、なんてね。
 前髪が乱れ額が全開の愛は、ニッと綺麗に並んだ歯を見せて笑っていた。
 そういえば、クラスでこの顔はあまり見ない。

「急にこんなこと喋ってごめんね。時雨ちゃんに聞いて欲しかった」

 中学の修学旅行だって、こいつはこんな風に転がったりしなかった。

「僕にとって、時雨ちゃんも家族だから」

 好きになると、その人のことを考えて苦しくなったり、誰も知らない一面を見たかったり、特別になりたかったりする。
 でも、あたしは最初から全部持っていたじゃないか。
 こいつは誰よりもあたしを信じてくれてたじゃないか。

「……たりめーよ!」

 あたしは出来る限り豪快に笑った。
 愛、好きだよ。