さよならを言うのです

「俺、夏が好きだよ。
 だから--」

 梅宮殿に一方的な感情をぶつけて数日。
 忘れ物を取りに来てよかったです。
 これで、罰はきっと終わりますから。 


 □■□


 どうしてこんなに苦しいのでしょうか。
 梅宮殿の目を見れば、わかりきっていたことなのに。

「うぐ……う、ぐすっ……」

 自分のクラスなのに逃げることで精一杯でした。忘れ物は置き去りです。
 昼間と打って変わり、人の気配がしない食堂。鼻を啜る汚い音が木霊します。
 ここでたくさんお話した思い出も。


『……一緒に買っちゃおうか。おばちゃん、これも』
『へひい!?』
『え?』
『いやなにも!! あああありがとうございます!!』

『うん……キャンペーン中みたいで、こないだのアニメの、コースター配ってた』
『なんですと!?』
『いる? 俺も姉貴もスマーばっかり当たる』

『俺なんかの話、聞きたがってくれる人、あんまりいないから』


(…………帰ろう)

 やっとやっと涙が枯れて、明るい校庭へ一歩踏み出します。
 大丈夫。それがしはモブです。
 わずかな時間でも夢を見せていただけたことに感謝すべきです。心を入れ替えます。
 そう思ったのに。

「あ……秦さん」
「梅宮殿……」

 神様がいるなら、どうしてこれ以上の罰を与えるのでしょうか。腐女子が人を想うことはそれほどの重罪だと。

「どうしたの? 目が、真っ赤」

 今、一番会いたくて、会いたくないお方。嬉しくて、走り去りたいです。
 紫の瞳にそれがしが映る。

「…………ちょっと擦りすぎてしまいまして!
 それより、おめでとうございます!」
「え……?」

 泣くなそれがし。
 無理矢理に顔面の筋肉を引き上げ、震えないように腹から声を出します。

「江西殿とまたお付き合いできて、よかったですね!
 お幸せに!」

 きっと初めての恋でした。
 鼻と目の奥が痛むけれど、今日の嘘もいつか本心になってくれます。

「立ち聞きしてしまって申し訳ないです! あ、すぐに居なくなりましたのでご心配なく!
 それでは--」
「あのさ」

 浅ましくもそれがしの足は止まりました。

「俺、夏と付き合ってないよ?」
「………………へ?」