花言葉:帰還 しばしの憩い また会う日まで

 

 

 夜が明けなくなった世界で、そこは唯一の日溜まりだった。

 対悪魔機関、ガーデニア。通称“庭”。

 ガーデニアは天高く伸びた円柱の結界で守られており、内側の広大な農園から世界中に作物を供給していた。

 敷地内に生い茂る緑の中心には、シンボルとも言える白い塔がそびえ立っていた。そこにはクチナシの訓練所や封印した本の保管湖、農作業や結界維持に従事する者の居住スペースなどが集められていた。

 結界と関門を通り、外からその塔へ続く道。

 塀のように続く果樹園を横目に、アンカリアは無言で歩いていた。

 気まずそうな彼女の数歩前には、長らく不機嫌なカズラ。彼は日光避けのためにフードを深く被っており、さらに表情を見えにくくしていた。

 アンカリアは今日ほどこの帰路を長く感じたことはなかった。

 彼女を置いていかんばかりに進んでいたカズラは、石でできた花と蔦が絡み合うレリーフの前で止まった。アンカリアもその後ろに倣う。

 そこは白い塔への入り口だった。もっとも、傍目からは扉には見えない。

 カズラがようやく言葉を発したが、入り口を解錠するためで、しかも心話術だった。

『ルビー班、クチナシはカズラ、レインはアンカリア。ただいま帰還』

 心話術にのみ反応する蔦が解け、白く硬質な植物が道を開ける。

 中から賑やかな人の声が溢れ出てきた。

 ガーデニアを支える人間達の行き交うそこは、悪魔との戦いを忘れるような明るい場所だった。

 ベージュを基調とした空間で、羅針盤を模したロビーの床が、吹き抜けからの光を存分に浴びている。見上げれば、円周に沿った各階の柵が輪を重ねたように連なり、その遥か先が天窓になっていた。

 カズラに続き、アンカリアは入り口をくぐった。

 すると、泥だらけの少年二人がアンカリアへぶんぶんと大手を振って来た。

「あー! アンとカズラだ!」

「ほんとだおかえりー!」

 彼らはたくましい女性に首根っこを掴まれていた。一階は出入り口しかないので、別のレリーフから連行されて来たようだった。

 二人をを捕まえているのは世話役一筋三十年の女性、フェルシュだった。彼女が、手を振り返すアンカリアと会釈するカズラに気付いた。

「アン!? それにカズラじゃないか! おかえり!」

「ただいま、フェルシュ。クラージもベンも、また悪戯したの?」

 アンカリアは変わりの無い“家族”に、胸のつかえが取れるようだった。彼女は膝に手をつき、弟分達に目線を合わせる。

「してないやい!」

「クラージが追っかけて来るから!」

 懲りていない様子の彼らにフェルシュが呆れる。

「それで堆積地に突っ込むバカがどこに居るんだい!」

「ここー!」

 悪戯小僧達は声を揃えた。

「全く! さっさと風呂に入るよ!

 それじゃあ、またね。どうせすぐ行っちまうんだろう? 二人とも、気をつけてね」

 フェルシュの眉が少しだけ下がり、そしてまた太陽のような笑顔に戻る。悪魔に親を殺された孤児から、親がレインだった子ども、幼いクチナシまで。彼女は見守り、叱り、愛し、そして戦場へ送り出して来た。

 アンカリアとカズラも、フェルシュの“子ども”の一人だった。

「うん、またね」

 アンカリアはフェルシュ達を見送り、カズラはもう一度頭を下げた。

 またね、という言葉に確証などない。

 だがガーデニアの者は、決められたわけでもなく、皆そう言って別れていた。

 

 

 どの階も扉が幾つもあるが、最上階だけは一つしかなかった。それも扉というより、蔦が垂れ下がって仕切りとなっているものだった。

 アンカリアとカズラがその緑をくぐると、さっきまでの賑やかさが幻のように遠退く。

 アンカリアは、皆が消えてしまったような感覚に陥るため、この瞬間が苦手だった。

 そこは、最上階にしては薄暗く、晴れた日の木陰のようだった。部屋と呼ぶには怪しい、横長の空間だった。

 入って正面の壁はなく、光源になると共にガーデニアの果てまで見渡せた。 

 左右の壁と天井は植物。床に見えるものは凪いだ水面で、澄んでいるにも関わらず底が見えない。屋上にできた湖と言っても差し支えなかった。

 水面には、白い石畳みのアプローチが一本、重さを無視して浮いていた。

 それが入り口付近と空間の中央を繋いでいた。

 白い道の先には、同じ素材で出来た円形の島があった。島と言ってもカフェのテラスのような小さなスペースだった。島から上へ伸びた四本の細い柱に支えられ、丸みを帯びた一枚岩が日陰をつくっていた。

 その薄闇で、長い黒髪の少女が白いチェアに座っていた。手首も足首も覆う黒いマーメイドドレスに、口元を覆う白い布。瞳は閉じられていたが、彼女はアンカリア達の方へ顔を傾けていた。

 アンカリア達の脳へ、子守唄のような声がそっと届く。

『おかえり。アンカリア、カズラ』

 彼女こそ原初のクチナシ、かつ、ガーデニアの司令塔ジャスミンだった。

 少女と言っても、最初のクチナシである彼女はガーデニアの誰よりも年上だった。開いた瞳は誰一人として見たことがなかったが、千里眼を持つと言われていた。

 華奢な白いティーテーブルには何も置かれておらず、彼女が動かなければ静物画と思っても仕方ない。そこだけ、時間がゆっくりと流れているようだった。

 湖を挟んだ先の少女へ、アンカリアは緊張した面持ちで答えた。

「……ただいま戻りました。ジャスミン」

『そう怯えるな、叱るのはフェルシュの役目だ。

 悪魔を封印したようだね。よくやってくれた』

「あっ、はい!」

 穏やかなジャスミンに気が抜けたのか、アンカリアは思い出したように、角ばったケースから分厚い本を取り出した。そして床のような水面へ静かに落とした。

 波紋で歪む水底には、同じく悪魔を封じた本(カルケール)が累々と積み上がっていた。

『そして、カズラ』

 呼ばれていないはずのアンカリアがぎくりと肩を揺らした。

 ガーデニアの頂上で世界を見つめ続けるジャスミンは、クチナシを調整できる唯一人の技術者でもある。

 “処分”の判断は全て彼女が行っていた。

『……いや、アンカリア。席を外してくれるか』

「ジャスミン! あのっ!」

 食い下がろうとするアンカリアを、カズラの綺麗な手が強く押し返す。

『レインが調整を見張る必要は無い。指示に従え』

 フードを被ったままの彼はアンカリアを一瞥もせず、白い石の道を進んで行ってしまった。

「……はい」

 彼女はそれを見送るしかできなかった。

 

 

 ガーデニアには昇降機と呼ばれる、つる性の植物がある。

 その葉は植物ながら大人が五人ほど乗れる大きさで、軸を中心に回りながら上昇、下降する。塔内の移動に重宝されていた。

 最上階では昇降機と、ジャスミンのテラスへの入り口が真反対にあった。

 アンカリアは柵に寄りかかり、そのくるくる回る植物を眺めていた。蔦のカーテンはすぐ隣だというのに、向こう側の音は一切しない。

(処分なんてことには……ならないよね)

 クチナシは自我を失った場合、つまり悪魔化及び人間に危害を与えてしまった場合には、“処分”されることになっていた。

(ちゃんと自分の意志で抑えようとしていたし、わたしに襲いかかる素振りもなかった。

 だから緊急性はまず、ない。今日いきなり処分なんてことはないにしても……。

 大丈夫だよね……カズラ……。

 いや、でもやっぱりジャスミンに……うう……どうしよう)

 下降する巨大な葉を見つめる彼女の脳に、突然男の声が響いた。

『そこのシケたブス。余計に変な顔になってんぞ』

 失礼極まりないそれは、彼女にとっては馴染みのある、声変わりする前からよく知っているものだった。

 驚いたアンカリアがきょろきょろと当たりを見回す。

『そっちじゃねえ、昇降機の方だ』

 一フロア下で、銀髪の男が軽く手を振っていた。短めの髪は重力に歯向かうように上向きに跳ね、どことなく針山のようだった。男はアンカリアと同じく黒い外套を羽織っていた。

 アンカリアは反対側まで走ると下降する葉へ飛び乗り、男へ駆け寄った。

「急に心話術を送るなんて、びっくりするじゃない! エリオット!」

「あの距離じゃ普通に呼んでも気付かねえだろ」

 髪と同じ銀色の目の男、エリオット・レーガンは、アンカリアと同期のレインだった。外套の胸元には銀で出来た薔薇のブローチをつけている。彼は外からの志願者だったが、幼い頃からガーデニアへ入り、アンカリアや孤児達とは兄弟のように育った。

 しかし互いにレインとして一人前になれば、再会はごく稀になる。

 瞳を細めたエリオットは、久々にアンカリアの鼻を摘んだ。

「いひゃっ」

「で、そのツラはどうした。またカズラにダメ出しされたか?」

「……かふら、もひかひたら」

 アンカリアは鼻を解放され、ぽつりぽつりと顛末をエリオットへ話し始める。

 彼は、時折詰まる言葉にも黙って耳を傾けていた。

「それで、処分されるんじゃねえかって心配してるのか」

 アンカリアの煉瓦色の頭がこくりと頷いた。

 間を空けたエリオットは、声を少しだけ潜めた。

「多分それはねえよ……ナルコが処分されたばかりだ」

「……え!? ナルコって、スマイルと組んでたクチナシの!? どうして!?」

「交戦した後に悪魔化が進んじまったらしい」

「うそ……」

 アンカリアは友であり姉であった少女の死に、ただただ目を見開くばかりだった。やがて彼女の黒い瞳は潤み、雫を溢れさせた。

 エリオットは彼女の髪をやや乱暴に撫でる。アンカリアが誰にも悟られないよう静かに泣く癖を、よく知っていた。

「スマイルが墓をつくったから、行ける時に行っておけ。

 ……お、カズラも戻って来たじゃねえか」

 蔦をくぐり抜けたカズラの方が先に気付いていたらしい。降りて来た彼は、はらはらと涙を零すアンカリアを不機嫌そうに見下ろした。ガーデニア内では外すことの出来ない日除けのフードで、威圧感が増していた。

『なにしてるの』

「ナルコが処分された」

『……そう』

「お前のことも心配していたんだと」

『自分を心配すべきだろ。

 それより任務だ。俺達ルビー班とローザ班合同で……』

 淡々と話すカズラを、エリオットが片手を挙げて制止する。

「墓参りしてからな」

 カズラは文字通り、閉口した。

 

 

 そしてそれは、まだ続いていた。表情こそ変えないが、全身から不快感が滲み出ていた。

 エリオットとカズラは墓地へ続く扉を正面に、柵へ身を預けていた。そこは階も低く昇降機の近くで、ロビーを行き交う人々を見下ろせた。

 扉の向こう、戦士達の眠る墓地は、太陽の光が燦々と射す張り出した中庭のようになっていた。

 一切の表情を消したカズラは弔いを早々に済ましたが、アンカリアはまだ墓前で一人祈りを捧げていた。

 行き交う人々を眺めながら、エリオットは廊下に設置された手摺りに肘をついた。

「なにがそんなに気にくわねーんだよ、カズラ。

 ナルコはお前と同じくらい前から居たし、アンとも仲良かった。落ち込むのも仕方ねえと思うがな」

『だったら悪魔を少しでも多く滅ぼすのが、一番の供養じゃないの』

 心話術で返事をするカズラの声は隠しもせず苛立っていた。

「ああ。正論だな。だがあいつがケジメを付けずに外へ出たらどうする? 任務が失敗しちゃ元も子も無いだろ」

 目を合わせないが、エリオットは諭すように言った。

 それが気に障るのか、とうとうカズラは何も返さず背を向けた。

「ナルコが言ってたんだけどよ」

 しかしエリオットの独り言のような呟きが彼の足を止める。

「クチナシは、人間や他のクチナシとの絆がどうしても薄くなる。歴が長ければ長いほどだ。しかも悪魔と戦いっぱなしで自分も“グラつく”。

 そんな中で、アンみたいに泣いてくれる奴がいるっていうのは、励みになるんだと。泣かせてたまるか、って踏ん張れるらしい」

 言いながら、エリオットはロビーを突っ切る男を見つけた。カズラと同じ、日除けの黒いフードを被っていた。

 その黒フードは引き摺りそうなピンクのマフラーを片手に、昇降機の方へ走っていた。

『任務とは関係ない』

 カズラは向き直らずバッサリと言い切った。

 エリオットは苦笑する。

「だからジャスミンはお前と組ませたんだろうよ」

『……いいや』

 その時、カズラの脳髄を割るような大声が——むしろ心話術なので直に脳を揺さぶった。

『カズラああああー!』

 声の主は、エリオットが見つけていた男だった。ふわふわした金髪がフードから見え隠れしている。男はカズラと同じくらいの体格にも関わらず、彼の腰椎を狙って突進してきた。

 隠さずに舌打ちをしたカズラは、相手の顔面を指がめり込む勢いでわし掴んだ。質の良い金の髪がカズラの指をくすぐり、癇にも触れた。

『静粛にしろ。ここをどこだと思っている、プラナス』

『痛い痛い痛いー!』

「お前らは至って静かだぞ?」

 心話術で話す二人にエリオットが吹き出した。

 カズラに突撃した青年は、プラナスというクチナシだった。人懐っこい、春の草木を思わせるグリーンの瞳は、クチナシには珍しく常に希望で輝いている。胸元の薔薇のブローチも、心なしか他よりきらめいて見えた。生前の名残で、ピンクの長いマフラーをいつも巻いていた。

 カズラの握力から解放されたプラナスは、頬を緩ませた。

『ついつい。久しぶりだから』

『誰の絆が薄くなるって? こいつクチナシだよね?』

「残念ながら」

 笑って軽く答えたエリオットに、カズラはハッとした。

『……すまない、無神経だった』

「気にしてねえよ」

 エリオットの本心だった。彼はプラナスを追ってガーデニアへ入り、レインに志願したが、後悔をしたことは一度もない。

 罰の悪そうなカズラの隣で、沈黙を保っていた扉が開いた。

「お待たせ……プラナス?」

『久しぶり、アン!』

 プラナスが満面の笑みでアンカリアを迎えた。

 今にも踊り出しそうな彼に、目元を赤くしたアンカリアも少しつられていた。

「エリオットには会ったから、居るんだろうとは思ってたけど……びっくりしたわ」

『みんなのとこに行ってたんだ! ベイクスおじさんやロマのとこも』

「えっ!? すごく端の方じゃない!」

『三日前に戻ってたから、時間はあったんだ。任務も無かったし』

「そうなの……ふひゃ!?」

 唐突に、プラナスがアンカリアの頬を両手で包み、容赦なく変形させた。嫁に行けなくなりそうなその顔に、エリオットは腹を抱え、カズラは目を逸らして震えた。

 なぜか醜態を晒すことになった彼女は、真っ赤になって犯人へ詰め寄った。

「プラナス! いきなりなんなのよ、もう!」

 怒りの矛先を向けられた——わざわざ自分へ向けた彼は、グリーンの目を優しく細めた。アンカリアの頭へ手を乗せたプラナスは静かに、簡単に、彼女の痩せ我慢を溶かした。

「なんなのよ、もう……」

『うん』

「…………ナルコ、が……!」

『うん』

 嗚咽混じりの声を、プラナスは一つ一つ拾い上げた。

 世界で一番、死から遠いようで近い庭。故人を悼み、その相棒を思って心を痛める。アンカリアのように“慣れない”人間はそう多くなかった。

『アンがそれだけナルコを好きだったってことだもんね。きっと喜ぶよ。

 今は寂しいけど、それはいけないことじゃない』

 プラナスは彼女の煉瓦色の髪をずっと撫でていた。

 一方でカズラの茶色い瞳には、似たような光景が浮かび上がっていた。彼は瞼を閉じて、その記憶を無理矢理しまい込んだ。

 

 

 □■□

 

 

 季節の民とは、東の果てより季節を連れて旅する一族である。

 夏の民がやって来ると植物が茂り、次に冬の民が近づくことで実を結ぶ。彼らが人間の食糧を、生命を支えていると言っても過言ではない。そのためにも、悪魔の襲撃から守る必要がある。

 また、夏の民は暖かい気候も連れているので、引き止めようと手段を選ばない人間も多かった。

 カズラの手には任務を伝える伝令があった。

『ルビー班とローザ班で季節の民の護衛だ。合流して庭まで見届ける。

 馬車を使っても二日はかかるから、可能な限り早く出発したい』

 今回アンカリア達が迎えに行くのは、夏の民だった。

『ルビー班は帰ったばっかりじゃないの? カズラやボクは大丈夫だけど、レインは休まないと……』

『本来ならスマイルとナルコの任務だったから、夏の民は今ノーガードだ。急を要する』

 カズラの瞳が、足を引っ張るなと言わんばかりにアンカリアへ向けられる。

 だが彼女もとっくに答えを決めていた。

「大丈夫。行こう」

 黒い瞳には、再び意思の炎が宿っていた。

<      >