第十四話


 拝啓、エクセランサ。
 ……間違いなく心配かけるから黙っておこう。


 僕と雅くんとペリドット副隊長は、駆けつけた国境警備隊と一緒に残っていた賊も合わせて拘束した。そして彼らに見張りを頼んで、バリケードへ合流した。
「マックス!! オイラは怒っているぞ!!」
「ご、ごめんね……」
 ユマくんの大きな声が僕らを迎えた。自己申告の通りすごくお怒りだ。
「無傷のオイラが戻るべきなのにさっさと置いて行ったな!!
 矢に毒が塗られてたらどうするつもりだったんだ!!」
「確かにな。
 おい透明の。先に警備隊の医療班に診てもらえ」
「……ペリーさん!?」
 まっすぐ僕へ向かって来たユマくんは、たった今副隊長に気がついたらしい。
 アクアブレイドは国王直属だから知り合いなんだろう。
 ユマくんは慌てて言い直していた。
「じゃなかった、ペリドット副隊長、えっ!? なんで!?」
「雅たちの部隊長だ。俺は一応指導資格持ちだからなあ」
 つい、こっちの引率に入ってくれればよかったのに、と思ってしまった。国王直属部隊も緊張が凄まじいけど。


 僕と雅くんは医療班の処置室にいた。どちらかというとユマくんに押し込まれた。
 処置室は、無事だった西の建物一階に臨時でつくられた。一般の人とは分けられている。
 僕ら二人とも大幅に食らったカラーはなく、警備隊が回収してくれた矢からも毒は検出されなかった。
 簡単な処置で済んだので僕は椅子から立とうとした、その時。
「透明の」
「えっ、あ、はい!」
「そのままでいい。雅も構わねえよ」
 なぜかペリドット副隊長が処置室へやって来た。
 上官どころではないので座っていられない。
 けれどそんな僕らを止めて、ペリドット副隊長は言った。
「今回の戦い、上から少し見ていた。ドラクーン試験でのことも、あのチャランポランから話は聞いてる」
(国王をチャランポラン呼ばわり……)
「結果的にお手柄だし、今回の場合もあいつを一人にするわけにはいかねえから不問だ。
 だが、最初に聞いた時からどうも腑に落ちなくてな」
 あいつ、とはユマくんのことだ。
 ペリドット副隊長はそこで区切り、改めて僕を見やった。
 落ち窪んだ瞳は眼光鋭く、睨まれているようにすら感じられた。
「なにかを守って死ぬのは美談になるが、損失がデカすぎる。
 未来で何人守れた? 守られた奴はどうなる?
 這ってでも生き延びろよ。戦士だろ」
「は、はぁ……」
 もちろん僕だって死にたくて戦ってるわけではない。
 だけどその言葉が何を指しているのか、微妙にわからなかった。
 ペリドット副隊長が部屋の出入り口に目をやる。
「どうぞ。俺の話は終わった」
 振り返ると、僕がバリケードまで抱えていた男の子が、お母さんらしき人と一緒にいた。彼女は人質にされていた女性で、男の子は手に包帯を持っていた。
 お母さんが深々と頭を下げた。
「騎士団様、この度は私共の命を助けて頂き心からお礼申し上げます。
 どうしても息子が騎士団様に会うと言って聞かなくて……」
「あ、いえそんな」
 僕もつられて礼を返す。立とうとしたけれど今度はお母さんに止められ、中途半端に腰を浮かせた状態だった。
 そして男の子が僕へ包帯を差し出した。
「お兄ちゃん……ごめんなさい」
「え?」
「お兄ちゃんが痛いの、ぼくのせいだから」
 そこで初めて、僕はペリドット副隊長に言われたことを理解した。
 僕は包帯を受け取り、しゃがんで男の子に視線を合わせる。警備隊が準備してくれたから、本当は医療用品に不足はなかったのだけれど。
「……これは君のせいじゃないんだ。僕こそごめんね。怖い思いをさせちゃった」
 男の子は首を横に振り、涙が滲んだ目で宣言した。
「ぼく、騎士団入るから!」
「……!」
 思わずお母さんの顔を盗み見てしまった。
 やっぱり心配そうで、不安が隠しきれていなかった。
 僕の時も同じだったのかもしれない。
 だけど少年の目には固い決意がありありと輝いていた。子どもの夢、だなんて流せないほどに。
「……そっか」
 未来を応援したい、肯定したい、でも危険に飛び込ませたくなんてない。
 嘘ではないけれど複雑な感情が胸に渦巻いた。
 それが伝わってしまったのか、彼は苦いような、叱られたような顔になる。
 子どもは僕らが思うよりずっと聡いから、察されてしまったのかもしれない。
 僕は下の兄弟たちを思い出した。
 こういう時は経験上、取り繕う方が不誠実だ。
「……僕、戦うのが怖いんだ。
 だから君にそんな思いをしてほしくない。
 でも僕も君と同じ理由で騎士団に入ったから、気持ちはすごくわかる」
「?」
「僕も昔、騎士団に助けられたんだ。
 きっと助けてくれた人も、僕に戦ってほしくなかったと思うよ。
 だけど……何もできないなんて、嫌だよね」
 少年はこくこくと頷いた。
 彼の未来を思うと、混ざり合っていた感情が自然と言葉になっていった。
「まだまだ僕は未熟だし、下っ端もいいところだ。
 けど戦いが、怖いものが少しでも無くなるように頑張っておくから。
 もし騎士団で会えたら、助けてね」
「……うん!!」
 彼は輝くほどの笑顔になると、大きく手を振ってお母さんと部屋を出て行った。
 二人を見送ると、ペリドット副隊長が僕を横目に見た。
「少しでも戦争を無くすなんざ、随分と啖呵を切ったな」
「う……!」
「別にいい。心意気がねえ奴は何も出来ねえ。
 言ったからには、自分も助かるつもりで身体張れよ」
(わ、笑った……? いや、気のせいか……)
 そしてペリドット副隊長は雅くんに目を向ける。
「弟も似たようなタチがあるみてえだから、気ぃつけとけ」
「……はっ」
 座ったまま雅くんは深く頭を下げた。
 副隊長が、こちらに背を向けたまま手を振って処置室を出て行った。
 僕は小さく脱力する。
 決して、千景先生より全然全く威圧されていないし、とても良い人なんだと思う。
 それでも目上の存在に対して、無意識に肩の力が入っていたらしい。
 いつもよりも長めに息を吐いた僕は、ふと湧いた疑問で雅くんを見た。
「雅くん、お兄さんいたの?」
「………………貴様等の引率だ」
「!?!????」


 □■□


 処置室のある建物の庭は奇跡的に焼けなかった。若草色の緑が眩しいそこは、日常を奪われた村人達の憩いの場となっていた。
 ペリドットは窓越しに彼らの安寧を眺めながら、建物内を突っ切って裏口を出る。
 庭からはやや距離があり、大人一人分ほどの日除けがついていた。
 その陰へ溶けるように千景が佇んでいた。
 ペリドットは呆れたような声を出した。
「心配なら行きゃいいじゃねえか。ピンピンしてたけどよ」
「…………俺は勘当されている身なので」
 千景は庭へ目を向けたままだった。
 ペリドットも長身だが、今では少しだけ千景の方が高い。
 だが窺い知れるはずの顔は、背けられたことと魔女科の帽子のツバで見えなかった。
 ペリドットが小さくため息をつくと、反論するように千景が振り返った。
「だいたい貴方こそ、いつから居たんです?」
「お前が拷問始める前から」
「……人聞きの悪い」
「時間あったらもっとやってただろ」
「まさか。うっかり“手が滑って”しまいましたが、あれで出なければ何も知らないでしょう」
「いい性格になったなあ。
 昔は悪知恵の一つも働かなかったのに」
 感慨深く思い出を見つめるペリドットに、千景は「いつの話ですか」と心底嫌そうな顔をした。
 ペリドットはそれを笑って流す。そしてポケットから白いコイン状のものを取り出した。
「そういや連中から回収したヤツあるだろ」
「? ええ」
「俺も一部拾ってあるんだが、解析を任せてほしい。
 ……今、もらってもいいか?」
 彼が手を差し出す。
 言われるがまま、千景はローブから同じようなコインを複数取り出し、ペリドットの掌へ乗せた。
 その動きに一切の淀み、滞りは無かった。
「お願いします。貴方がするのは珍しいですね」
「よし。疑惑払拭だな」
 その言葉に千景は首を傾げ、年相応というか、気の抜けた声をあげた。
「はい?」
「俺は今回、お前の監視役で入った」
 千景の嫌そうな顔が更新される。
「………………あの爺共ですか」
「お前も見ただろ。
 ワープ陣はお前が“救助用”に開発したものだ。描くのはそうでもねえが、理論がややこしくてお前以外にまともに使えない。試しに同盟国に教えてもお手上げだった。
 ところがどっこい。
 なぜか余所の連中が簡単に使っている。陣の使用には理論の理解が必須だが、んなこと知らねえゴロツキみたいなのまで使い手になっていた。
 盗まれた先で改造されたのか、あるいは」
「内通者が横流ししてるか」
 千景はペリドットの台詞の先を自ら言い、続けた。
「それで真っ先に俺が疑われたんですね」
「どちらかと言えばお前を犯人にしたかったんだろうけどな。今回、随分下調べしてから俺まで話を持ってきた」
「あの老害共が考えそうなことだ。
 むしろこれであいつら納得します?」
 ペリドットは手のコインを遊ばせて言った。
「お前が犯人なら、俺が解析するっていうのにあっさりしすぎだろ。
 自分の回収分にこの短時間で細工するのは難しい。仮に出来ても俺の分は手付かず。
 解析されたらその差で不利になる。
 渡した時点で無罪だろ。
 まあ本当にこっちで解析しねえと黙らせられないが」
「その数はかったるいんでやってください」
「お前……」
 しゃあしゃあと国のトップ部隊副隊長に仕事を押し付けた千景は、少し間をあけて口を開いた。
「……雅は、何故今回の任務に?」
「俺が呼んだ」
 千景の顔色が変わる。
「理由は」
「人質」
 ピリ、と空気が張り詰める。音が脅えて消え失せたようだった。
 千景は大きく息を吐き出すと、つい漏れ出た殺気をおさめた。
 マックスが居たら腰を抜かしただろう。
 ペリーはなんでもない顔で続けた。
「防衛任務としか言ってねえよ。
 それにお前が例え内通者だったとしても、雅だけは裏切らないだろ」
「…………どうでしょうね」
 沈黙が流れる。
 小鳥のさえずりと、心地良いそよ風が葉を揺らす音。
 それに反して、生温い沈黙に根負けした千景が苦々しさを隠さず吐き捨てた。
「チッ。いい性格だ」
 ペリーは吹き出した。


 □■□


 尋問は、捕らえた賊のリーダーが目を覚ましてから行うこととなった。
 騎士団と警備隊が交代で見張りをし、今はアーモンドと雅の番。
 賊を挟んで対角線上に立っている。
 アーモンドは心話術を雅へ飛ばした。暇潰しの雑談である。
『目潰し作戦やったの?』
『ああ。失敗したがな』
『えっ』
『読まれていたが、また助けられた』
『……そ。無事でよかった。
 あ、起きた』


 □■□


(……緊張してきた)
 僕はこっそり深呼吸をした。
 西側の建物から充分に離れている、広場だった場所。
 周囲に瓦礫が積み上がる中、賊が全員集められて捕縛陣をかけられていた。
 最初に戦った賊はリーダーだったらしいけど、心なしか他よりげっそりして見える。だけど不自然なくらい口を真横に引き結んでいた。
 僕らは逃走防止のため彼らを囲んでいた。
 千景先生、僕、ペリドット副隊長とユマくん、雅くん、アーモンドくんの順だ。
 全員パレットを構え、ピリッとした空気が張り詰めている。
 千景先生が尋問を始めた。
「口を割ってもらわないことには身分を保証することも出来ません。
 捕虜条約加盟国かすらも、わかりませんからね。
 何処から如何してここへ来たか、ワープをどこで手に入れたのか。
 教えてもらいましょうか」
 賊は当然、黙ったままだった。
 けれどその内の一人が怯えたような上ずった声でリーダーへ言った。
「なあ……ゲロっちまった方が良くねえか?
 フェリクシアは加盟国だし——」
 その時、話していた賊から光が立ち昇る。
 灰色がかった青のそれは、髪の長い女性の形になった。ふわりと広がったドレス姿はとても綺麗だけれど、賊の頭上を覆える巨大さが異様な恐怖感を与える。
 女性は彫刻のように、肌と目と服の色の差がなかった。けれど地続きの青色に、赤や緑が薄っすらと混ざっている部分はあった。
 光の女性は上から賊の首に、異様に長い小指を交差してかける。髪の毛も他の賊一人一人に絡みついた。
 そしてにこりと微笑む。
 千景先生が血相を変えて怒鳴った。
「総員退避!!」
 その直後、強烈な爆風と閃光が僕らの視界を白く焼いた。
 風圧に耐えきれず後ろへ倒れる。
 けれどそれは数秒で、何かに遮断されたかのように止んだ。
 代わりに村の入り口側、僕らが最初に転送された森から轟音が響き、強い風が吹きつけた。
 振り向くと、これだけ距離があっても見上げる高さの爆煙。
 そして賊の姿は無かった。
 代わりに青い陣が地面に光り、その周囲を緑の光の壁が囲っていた。
 僕は何が起きたかわかっていない。おそらくユマくんたちも。
 千景先生がその爆煙の方へ向かいながら言った。
「学生はここに待機してください」
 先生の顔色で、薄々状況を悟る。
 賊が謎の爆発を起こし、それを先生がワープで飛ばした。緑の壁はとっさにアーモンドくんが撃ってくれたんだろう。
 ところで嫌な予感がしている。
 あんな規模の爆発が起きた場所に、何をしに行くのか。
 ユマくんも同じ予想にたどり着いたみたいで、声をあげた。
「あのっ……!」
「まだ早いやつだ。大人しくしとけ」
 ペリドット副隊長が千景先生と同じ方へ向かいながら言った。
 先生がふと足を止めて振り返る。
「ああ、アーモンド。助かりました」
「っ……ううん」
「緊急があれば心話術で」
 そして引率の二人は、遺体の確認へ向かった。
 残された僕らは指示に従うしかない。
 ユマくんがいまだに消えない爆煙を見上げた。
「アレ、何だったんだ……?」
 その疑問にアーモンドくんがボソリと呟く。
「……シルヴィアの呪い」
「なんだそれ」
「えっ」
 なぜか彼はユマくんの問いかけに驚いていた。
 どうしよう僕も知らないんだけど。習ったっけ。
 アーモンドくんは後頭部をかき、妙に言いづらそうに口を開いた。
「……人類史上、最強最悪の呪い。
 言葉とか行動の条件を満たすと広範囲に渡って爆発する。
 それを逆手に、過去の戦争で奴隷を爆弾にするために使用された——禁術。
 4色以上のカラーが必要だから普通は複数人でかけるし、恨まれて知らない間にってことはない。
 だけど、呪われた側の死以外に解く術がないんだ」
 それを聞いたユマくんは、口も声も引き攣っていた。
「なんで解呪とセットじゃないんだよ……! あとそれは解いたって言わない……!」
 説得力がある。
 僕は、騎士団に入ると言っていた少年を思い出した。
(本当に少しでも減らさなきゃ。でもどうしてそんな人たちが……?)
 その後先生たちが戻って来るまで、僕らは黙ったままだった。


 □■□


 マックスたちのいる国の北東。
 陸に囲まれた国、フェリクシアの路地裏でぜいぜい喘ぐ呼吸が響く。
 賊のリーダーはただ一人、故郷の土を踏んでいた。
(やっと“あの男”から逃げ出したっつーのに……! あんなに条件がキツいとは……!)
 賊は全員この国での奴隷で、当たり前のようにシルヴィアの呪いがかけられていた。リーダーも身に覚えがある。
 彼らは実験台にされていたが、成功した陣を盗んで逃げてきた者達だった。
 リーダーの舌には、ワープ陣が彫られていた。
 刺青なので行き先の融通も利かず、自分一人しか移動できない失敗例として放置されていた。
 今回はそれに救われたが、一刻も早くこの国から去らなければならない。
(クソ! あの魔女野郎がいるかもしれねえが言ってらんねえ!)
 舌の陣を発動しようとした瞬間、悪寒が走る。
 薄暗い路地裏で銀色の光——正確には白に混ざった薄い紫が、銀色を纏ってリーダーの胸を貫いた。
「か、は……っ!」
「探しましたよ」
 倒れるリーダーの後ろから、紫がかった銀髪の男がするりと現れた。
 腰まである髪を下の方で緩く縛り、長い前髪もそれに合わせて流している。顔の右側を白い眼帯が広く覆い、薄紫と銀色の糸が刺繍されていた。すね丈の衣装と裾の広いボトムスにも同じく上品な刺繍が施されている。それらはフェリクシアの高官が身に着けるものだった。
 男は柔和な笑みを浮かべ、リーダーにパレットを向ける。
「楽しくお散歩出来たようで何よりです」
 そしてリーダーの頭を、銀色の光が撃ち抜いた。