第十二話


 拝啓、エクセランサ。
 お互い寮だけどなかなか会えないね。
 ところで、魔女科に美人が入学したとの噂が騎士科にまで流れてきて、僕は気が気じゃありません。
 変な人に声をかけられたりしていませんか。不躾にからかう輩に困っていませんか。
 少しでも不安があったらすぐに相談して。なんならそちらに顔を出しに行きます。僕は喋らなければちょっとは怖く見えると思うし、場合によっては雅くんにも頼——(以下略)


 僕とユマくんとラスクくんは、自主訓練用の広場に来ていた。遠くて人気もないエリアにして、同期の子達とは念のため時間をずらしたので貸切。
 初の顔合わせだ。
「試験の時に助けてくれた、ラスクくんです」
「話は聞いてるぞ、あの時はありがとう!
 オイラはユマ! よろしくな、ラスク!」
「よ、よろしく……」
 ラスクくんは少し人見知りしつつも、頑張って挨拶をした。
 その様子が末の弟を思い出させて、とても可愛い。
 ユマくんに至っては無言でラスクくんの頭を撫でていた。
「ど、どうしたんだユマ……?」
「ごめん、つい」
「僕も撫でていい?」
 ラスクくんは撫でられたまま、プリプリと頬を膨らませた。
「おい、子ども扱いするな! ラスはこう見えて二人より年上だぞ!」
「「え!?」」
「生まれが少し特殊らしくてな、成長が遅いんだ」
 ユマくんには、一角獣のことは伏せてある。勝手に伝えていい内容ではなさそうだし、そもそも僕が混血についてきちんと聞いているわけでもない。
 わかっているのは、彼に姿がいくつかあって、一つはとても忌み嫌われていたこと。
(それを使ってでも助けてくれる、友達だ)
 当のラスクくんは両手を腰に当て胸を張っていた。
 本当に申し訳ないけど、可愛い。
 ユマくんは再び彼の頭をよしよしと撫でた。
「年など関係ない」
「えっ」
 妙に強気なユマくんに、ラスクくんはたじたじだった。そしてしばらくされるがままだった彼が一喝する。
「も、もう! いいから連携を考えるぞ!」
「「あっ、はい」」
 ラスクくんがパレットとオレンジ色の的を出した。
「マックスは知っているだろうけれど、ラスのスペクトルは橙と紫、花火型。
 二重(ふたえ)牡丹が得意だ」
 そして放たれた閃光は宣言通り2色で、カラーが散弾のように広く細かく的を撃ち抜いた。
 ユマくんがほー、と手を額にかざす。
「牡丹で真逆の2色って珍しいな! 防ぎにくくて良いし!」
「スターマインもある程度なら出来る。
 肝心の花呼びは橙と紫はほぼ必ず、他の色も八割は呼べる。結界も3部隊分くらいなら張れる」
「すごいね……!?」
 予想以上にラスクくんが優秀だった。
 そんな僕の横で、ユマくんがわくわくを隠さずパレットを構えた。
「次はオイラな!」
 ユマくんが4連射でまっすぐ突き抜ける光を放つ。それぞれ混じり気のない水色、青、青紫、紫だった。
「オイラのスペクトルは青を中心に水色から紫まで!
 頑張れば四重(よえ)菊も撃てるけど、一色ずつ分離してスターマインにした方が結果的に威力が出る!
 ラスクの紫より青に近いから、スペクトルはカバーし合えていると思うぞ!」
「ユマは分離が得意なんだな。青紫って難しいだろ」
「へっへ〜まあな!
 ラスクが橙の牡丹を撃って、相手が青系で防ごうとしたところをオイラが仕留める、とかどうだ?」
「おお……!」
 盛り上がる二人を、僕は微笑ましい気持ちで眺めてしまっていた。下の兄弟たちを思い出す。
 そうして僕が癒されていると、ユマくんたちがクルリと振り返った。
「次は君だぞ!」
「そうだぞ、何ニコニコしてるんだ」
「あっ、はい」
 僕は的に向かってパレットを構えた。
「えーと……。
 スペクトルは全部なんですが、分離が苦手で出力に影響しています……。
 でも黄色と緑ならなんとか。
 あっ、混ざっちゃった」
 橙と黄緑がちらほらしている黄色が放たれた。ユマくんの後だから余計に混ざりが目立つ。
 ラスクくんとユマくんは気にした様子もなかったけれど。
「単純な菊一重でも結構な威力だな」
「もともとマックスは光量多い方だぞ。混ざったからもっと増えたんだろ」
「なるほど。菊っていうかひまわりだったな」
「お、良いネーミング」
 必殺技みたいで格好いいなあ、と僕は深く考えず口にする。
「……黄色極めた方がいいのかな」
「「いやいやいや勿体無い」」
 猛反対を受けた。
 ふとラスクくんが首を傾げた。
「なあ、マックス。何も考えないで全部いっぺんに出せたらどうなるんだ?」
 僕とユマくんは顔を見合わせる。
「……地形が変わるな」
「うん……」
「え!?」
 あんぐりと驚愕したラスクくんは「マックスはちゃんと考えて撃たないと……」と腕を組み、真剣に考え込んでしまった。
 そしてずい、と僕の方へ身を乗り出して言った。
「メインウェポンはひまわりでも良いと思うぞ。
 ただせっかくのスペクトルも活かしたいし、練習する時間は学生の方が多い。
 黄色を細く撃って奇襲用にするのはどうだ? だいたいの環境で見えにくいからな。
 あとは単色で充分な威力が出せるから、他の色も撃てるといいと思うぞ。
 騎士科だと、技は何があるんだ?」
 僕は実用的な意見とラスクくんに押されつつ、指を折って数えた。
「えっと……直線の菊に散弾の牡丹、それぞれの連射のスターマイン、炸裂の群蜂、あたりかな。
 あとは枝分かれする千輪、遠距離用の柳、金箔や銀箔を持ってる花火型がそれだけ分離した漣(さざなみ)とか」
「防御系は?」
「魔女科と同じ陣だよ。
 炎型じゃないとカラーで壁はつくれないから、多くめに出力して相殺を狙うことが多いかな。そっちの方が効率もいいし」
 ちなみに僕はスペクトルが発覚するまで、陣の同時展開もできなかった。基本中の基本だけど、出力が安定しなくてそれどころじゃなかった。練習します。
 ラスクくんが僕を見上げた。
「そこに、カラーの性質と組み合わせが入るんだよな?」
「うん。2色なら二重、3色なら三重とか」
 ふむ、と鼻を鳴らした彼が言った。
「よしマックス、全部やってみるんだ!」


 結論としては、菊とスターマインはギリギリ、牡丹は論外、群蜂はまあまあだった。
 柳は訓練場の広さが足りないし、漣は関係ないので無し。
 そして一番は。
「千輪、びっくりする程やりやすかった……」
「出しやすいのがあればそっちがいいと、ラスは思うぞ。威力も、うん、予想以上にすごくあったし」
 ラスクくんが見やった先では、訓練場の地面が抉れていた。
 的に対して出力が大き過ぎたらしい。
 一方あまり動じていないユマくんが言った。
「マックス、どうして今まで使わなかったんだ?」
「それが……そもそも出力できなかったんだ。
 多分だけど、分離を考えないで撃っていい分、普通に二重を撃つよりスペクトルが引っ張られてたんだと思う」
 千輪はカラーを放った後に分岐する。光量が多くスペクトルが広いほどその数は増えるけれど、分岐のタイミングは飛距離の半分ほどでコントロールはできない。
 正直そこが実戦では使いにくいので、普通に当たってから炸裂する群蜂を使う人の方が多い。
 枝分かれの色は自動で纏まるから、僕にはうってつけの技だけれど。
(……大きな口に食べられる)
 そんな気がして、少しそわそわするというか、みぞおちのあたりが落ち着かない。なんだろう。
 小さい時にそんな夢を見た覚えもないし、何かしらの繋がりも心当たりがない。
「マックス?」
「どうした、大丈夫か?」
 二人の心配そうな声で我に返る。
「っ、ごめん。ちょっと考え込んじゃってた。
 えっと……色を複数出す時ってどうしてる?
 千輪だけじゃなくて、二重も撃てた方がいいと思うんだ。もちろん単色と奇襲用のも」
 誤魔化しと切り替えを兼ねてしまったけれど、ユマくんたちは申し訳ないくらいまっすぐ答えてくれた。
「ゆらゆらっとして同時にザップーンだな」
「一色で描いているイメージを二色分やる感じだ。
 色相が離れてる方が逆にやりやすいかもしれない」
「な、なるほど……」
 何色にしようか。
 黄色の反対の色相は青や紫。そこは二人がカバーしてくれてる。
(抜けてる色を補ったほうがいいのかなあ。
 緑と——)


 □■□


 マックスたちとは離れた訓練場にて。
 赤い光が幾度も迸り、あたりの木々を燃やすように照らしていた。
 それを放った張本人である雅が、散った的を再び呼び起こし、撃ち抜く。
 遠巻きにしていた同期の姿はとっくになかった。
 そんな逃げ帰ったような彼らから話を聞きつけ、アーモンドがやって来る。
 彼は雅の後ろの適当な段差へ腰を下ろした。他の人間が同じことをすれば、怖いもの知らずと戦慄されるだろう。
 アーモンドは、赤いカラーを撃ち続ける背中へ声をかけた。
「イライラしてる?」
「…………そう見えるか?」
「うん」
 雅は彼を振り返らずに言った。
「まだまだ、弱いと感じただけだ」
「ふーん」
 アーモンドは自分の膝に頬杖をつく。
 そのまま雅が放つ光を観察して、首を傾げた。
(花火の練習……?
 稲妻型と炎型は花火も撃てるけど、習得するメリットが少ない。
 よほど攻撃に向いてない炎ならともかく。
 ……ていうかアレ、分離?)