「鳴海、愛士ん家でゲーム大会するけど来る?」

「えっ超行きたい。でも用事あるんだ、また誘って!」

 

 そう。だーいじな用事。

 夏を見送ってから三組をひょっこり覗き見。

 いたいた。ほんとに背え高いなあ。俺も低いわけじゃないんだけど。

 

「梅宮くん、ちょっといい?」

「……鳴海君?」

 

 

 □■□

 

 

 放課後の食堂って、案外人が来ないんだよね。穴場ってやつ。

 

「えっと…………」

 

 梅宮くんは面接みたいに固くなっていた。無表情の後ろでオーラがすごい困ってる。

 そうだよね。初対面だもん。

 

「夏のこと、どう思ってるの?」

 

 俺はできるだけ可愛く両手で頬杖をつき、首をちょっと傾げた。

 

「……自然消滅したけど」

「んーとね、そこじゃないんだなあ」

 

 牽制じゃなくってね、と俺は続けた。

 

「夏のことがまだ好きなら、俺は正面から勝負するつもり。でも違ったら悪いから、その確認」

 

 梅宮くんは(多分)ちょっと驚いた後、そう、と呟いて目線を落とした。言葉をがんばって探している感じ。

 

「…………好きか嫌いかで言うのなら、すごい好き。でも……」

「でも?」

「夏は俺なんかと……俺といたら疲れちゃうから」

 

 相変わらずの能面だけど、代わりに声が自嘲していた。

 ていうかちょっと待って。

 

「ぱーどぅん?」

「えっ?」

 

 男二人が向かい合っておろおろしている図が出来上がっちゃった。 

 でも、そこらの女の子より鋭い勘が、わりと面倒くさい事態を告げてる。

 

 付き合ってから急に距離ができちゃったんだよね。元から無口なタイプだけど、全然喋らなくなっちゃって。

 香音は、どうしたかったのかな。

 

「夏がそういうこと言ってたの?」

「……ううん」

「じゃあなんでそう思ったの?」

「……夏は、優しいだろ」

「君は勝手に黙っただろ」

「……」

 

 冗談でしょ。こんな典型的なすれ違い初めて見るよ!

 叫びそうなのを抑えて一息置く。ついでに足を組んだ。

 

「言わなきゃわかんないよ。そんなことされたら嫌われてると思っちゃう。

 ついでに言うと君たちが解決してくれないと俺も困るんだよね」

 

 ため息がうっかり出ちゃった。

 そっか、とこぼした彼が何か話したそうだったので待つ。待つ。まだ?

 

「…………鳴海君は夏と付き合いたいの?」

「今更そこ聞く?」

「ごめん……いいと思う」

「は!?」

 

 今度こそ大きな声を出しちゃった。つい肘をついて身を乗り出す。

 梅宮くんはイラっとするほど狼狽えてから、下を向いてぽつりぽつりと喋り始めた。

 

「夏祭りに、一回だけ行ったことがあるんんだけど……はぐれそうになった時、手、掴んじゃって。

 すごくびっくりさせちゃった」

 

 だから浴衣着れるのか、とかは奥歯ですり潰して飲み込む。

 

「……普通、ドキドキしたりするんだろうけど。俺は、怖がらせたことで頭がいっぱいだった」

 

 絞り出すような梅宮くんの低い声に、俺の方が怯んでいた。

 机を見つめたまま彼は続ける。

 

「夏がどう感じたかはわからない。

 だけど俺は、夏が笑っててくれるなら……友達でも何でもいい。仲良くできるなら無理に付き合わなくてもいいのかな、って勝手に思ってた」

 

 唐突に梅宮くんの目が俺を捕まえる。後ろめたいことなんてないのにこっちがギクッとした。

 

「そうだよね。言わなきゃ、わかんないよね。

 ……ありがとう」

 

 さっきまでの能面が嘘みたいに、ふんわりと顔を綻ばせた。

 この子、きっとムカつくくらい優しいんだ。

 

「そう思うならさっさと解決してくださーい。じゃあ俺はもう用無いから」

 

 今からゲーム大会間に合うかな、と考えながら席を立つ。ストレス発散したーい。

 

「うん……鳴海君なら、怖がらせないでくれそう。がんばって」

 

 はっきり言おう。やっぱこの子嫌い。

<      >