「あのっ! ずっと好きでした! 付き合ってください!」

「え、えと、わ、わたし……」

 

 

 □■□

 

 

 掃除の時間も終了に近づき、俺は校舎裏へゴミ捨てに来ていた。身を清めてから撫子様の元へ参らねば。

 

「ん? 雪村妹?」

「ひっ……あ……も、元地せんぱ、い」

 

 うずくまっている女子がいると思ったら、マネージャーの師である雪村妹だった。

 

「おい、どうした!? 何があった!」

 

 よく見たら小さく震え、ぽろぽろと涙を零している。

 ゴミ袋を放り投げ膝をつく。目立った外傷も服の乱れも無い。それは幸いだが何事だ。

 

「な、なんでもな、です。ごめ、んなさい」

 

 雪村妹は、しゃくりあげながら必死で泣き顔を擦っていた。

 

「……なんでもなくは無いだろう。俺に言えないならば、せめてお前の兄には話せ」

 

 途端に彼女は大きく首を横に振った。

 

「だめっ! お、お兄ちゃんは、ぜった、だめなんです!」

「何故だ?」

「殴り込み、行っちゃうんです……」

 

 兄の暴挙を思い出したのか、雪村妹は少し落ち着きを取り戻したようだった。

 

「それはそいつが相応のことをしでかしたんだろう。殴らせておけ」

 

 むしろこんな状態で抱え込ませられるか。

 どうしたものか、彼女と親しい江西たちに連絡しておくべきか、などと考えていると。

 

「……こ」

「こ?」

「告白、されたんです」

 

 しばし沈黙。

 

「……された? したではなく?」

「は、はい」

 

 まあ兄が(頭の病気でも)あの人気ぶりで、中身がまともな実の妹が好かれないわけもないだろう。フラれるところも想像できないし、そんな男がいるなら見てみたい。そこはいい。

 

「どういうことだ。お前が泣く理由がサッパリだ」

 

 自慢ではないが、俺は撫子様にお仕えする前からこういった話題には疎い。猿太郎にも劣る可能性がある。

 

「……す、好きになってくれたのに、応えられなくて……傷つけてしまって……ひくっ、う……」

 

 金色の瞳をぎゅっと閉じ、雪村妹は俯いてしまった。

 不本意だが、あのシスコンが心配する理由が少し理解できた気がする。

 

「それだけ真剣に考えられたなら、その男も本望だろう」

「せんぱい……?」

 

 銀色の綺麗な髪をそっと撫でる。

 あのメガネ猿の真似をするのは癪だが、たしかこうすると雪村妹は笑っていた。兄に見つかると殺されそうだが。

 

「俺だったら、惚れた女を泣かせてしまう方が心苦しい。笑っていてやれ」

 

 な? と恐怖感を与えないようわずかに覗き込む。俺は怖くないぞと念じつつ、僭越ながら撫子様の慈愛の微笑みをイメージし口角を上げてみた。

 しまった、余計に怖がらせるか?

 

「……は、はい」

 

 擦りすぎたのか若干顔が赤くなっているものの、雪村妹は泣き止んでいた。内心息をつく。

 うむ。たまには猿も使えるではないか。

 

 

 □■□

 

 

 校舎裏のゴミ捨て場が見える二階の渡り廊下にて。

 

「あら、見てください耕太郎さん。千里さんと愛美さんです」

「ほんとっスね、って泣かしてる!? なにしてんだあいつ!?」

「そんな方ではないと思うのですが……ほら、愛美さん笑ってらっしゃいます」

「あいつすげえな。アミは泣き止むまで結構時間かかるんスよ」

 

 純粋に感嘆する耕太郎の横顔を、撫子は見上げた。

 

「愛美さんが羨ましいですわ」

「え? ああ……元地っスか?」

 

 落ち込みを隠した声は、彼女の期待の眼差しに気づかない。

 

「千里さんにされたいというわけではありません。

 先日、耕太郎さんが愛美さんに同じことなさっていたでしょう?」

「やりましたっけ?」

 

 本気で覚えていない耕太郎はそこでようやく撫子の方を向いた。

 

「ええ。わたくし、愛美さんがとっても羨ましかったんですの」

 

 上目遣いのアーモンドアイと、差し出すようにやや傾けられた艶めく金糸。

 猿でもわかる彼女の“声”に、耕太郎は真っ赤に茹で上がった。

 

「……こ、こういうのは愛の担当っスよ」

 

 おそるおそる乗せられた暖かい手が、ぎこちなく髪を滑る。

 恥ずかしさから明後日の方を向いた耕太郎は、満足げな天使の微笑みを見逃した挙句、階下の元地と目が合ってしまった。

<      >