「夏祭り行こうよ!」

「名前とかけてんの? 夏だけにってか?」

「えっ、そこまで考えてなかった」

 

 腹抱えて笑ってても学園のアイドルは目立つ。ラッシュの購買なんて余計に。早く教室戻りたい。

 

「こないだも鳴海と出かけた気がする……あんた友達いないの?」

「いるけど夏と行きたいのっ。浴衣着ようよ!」

「似合うのが明らかで腹立つ」

「えっへへー。何色にしよっかなー」

 

 デザート選びに迷ってる女子か。

 荒い呼吸が聞こえた気がしたけど空耳かな。小柴っぽい肉ダルマが見えた気もしたけど幻覚かな。あとで殴る。

 

「持ってないの?」

「うん。夏は?」

「クローゼットの奥で安らかに眠ってる」

「起こしてあげて。でもちょっと意外。着付けとか面倒くさがりそうだから」

「あー……教わったから一応できるよ」

「すごーい! 着せて!」

「自分でやれ」

 

 視界の端で、謎のダメージを食らった小柴がよろついた。それを他の肉団子が支えている。暑苦しい。

 

「危ないよ、夏」

「! すいませ……ん」

 

 びっくりした。

 鳴海にさらっと腕を引かれ、ぶつかりそうになっていたのかな、くらいの気持ちで普通に振り向いた。

 

「…………ごめんね」

 

 見上げるほど高い場所で揺れる、紫の眠そうな瞳。首が疲れるから座れとか、そっちが伸びろとか、他愛もない話を思い出した。

 香音が目線を落とした先では、私と鳴海の手が重なっていた。

 別にもう関係ないけれど、私がパっと離したのと彼が背を向けたのはほぼ同時。

 

「……知り合い?」

 

 香音が人混みに吸い込まれていくと、少し間を置いた鳴海の声はいつもより小さく−−“知り合い”だなんて微塵も思ってもいなかった。

 本当、こういう時ばっかり勘がいいんだ。

 

「元カレ。ちょっと気まずいだけ」

 

 それを最後に、鳴海も私も黙っていた。沈黙がこんなに気になるなんて初めてだ。

 無言で買い物を済まして購買を出る。

 あの、とか考え無しに出た声へ、テノールが被った。

 

「夏が話したくないならいいから」

 

 ね? と鳴海にしては珍しく、頭をくしゃっと撫でてきた。

 

(…………いや。別に聞いてほしくは)

 

 

 □■□

 

 

「夏が話したくないならいいから」

 

 なーんて。性格悪いなあ、俺。

 

 

 卒業が近づく季節。購買が閉まっていたから仕方なく、離れにある自販機まで来たのに。

 

「香音となにかあったの?」

 

 重そうな話をしているのが声色だけでもわかった。立ち聞きとか趣味じゃないんだけどーこんなとこで語るなよー。

 ちょっとだけ覗き見れば、ベンチに男女が二人。

 学園で大騒ぎされている王子こと雪村くんと……誰だっけあの子。肩にかかる綺麗な黒髪。ぼうっと宙を眺める青い瞳。

 

「多分、別れた」

「え!?」

 

 思い出した。たしか同じクラスの江西さんだ。

 

「付き合い始めも友達の延長みたいな感じだったから、合わせてくれてたのかもなあって」

「そうは見えなかったよ。ちゃんと香音も夏を--」

 

 俺に背を向けている雪村くんの声は、最後の方が聞き取れなかった。

 

「謎なんだけど、付き合ってから急に距離ができちゃったんだよね。元から無口なタイプだけど、全然喋らなくなっちゃって」

 

 江西さんは前を向いたまま少し困ったように笑って続けた。

 

「仲良い方だと思ってたし、そういうとこもわかってるつもり、だった。

 けど、最後に会った時もなにも言わなくて、そこから口きいてない。

 ……今は友達未満」

 

 俺はもちろん、雪村くんも黙っていた。かける言葉がないってこういう事なんだ。

 彼女は普段からどこか遠くを眺めているようだった。その達観とぼんやりの間くらいの眼差しが、誰かのために潤んでいる。

 あんな顔するんだ。

 無意識に俺は息を潜めていた。まばたきも出来なかった。

 

「香音は、どうしたかったのかな」

 

 ぽそりと呟いた彼女は、それでも泣きはしなかった。

 

 

 □■□

 

 

(まだ解決してなかったんだ)

 

 隣で、あの時よりずっと近くなった黒髪が揺れている。

 俺がこんなに見つめているのに全然気が付かない。

 

(梅宮くんがモロに原因っていうわけじゃないだろうけど。

 そろそろこっち向いてほしいよねえ)

 

 一肌脱いじゃう、俺?

<      >