「さあこっちだよ。ドアをくぐったら君の発言が全てを左右する。

 それから、“みなさま”に失礼の無いようにね」

 暖かく毛でふわふわなものにより、私はそこへおっとっとと押し込まれた。

「やあやあ。待っていたよ」

 円卓からずらりと凝視されて、たじろぐ。

 どうぞ、と優しく席へ促してくれたのはその声だけだった。

「遅いんだけど!? さっさと決めなさいよ!」

「す、すみません……?」

 怒鳴る方を諌めて最初の方が言った。

「まあまあ。

 さっそくだけど決めてきてる? 君たちが何を使うか」

「はあ……えっと……」

「ちなみに一番多いのは窒素だよ」

 じゃあそれで、と言いかけた私に、怒っていた方が被せてきた。

「ちょっと! あんた動物でしょ!? 酸素使うって話だったでしょうが!」

「ええ……?」

 戸惑う私へ、円卓の向かいにいる別のお二方が首を傾げた。

「酸素なら海にも戻れるわよ!」

「もちろん〜陸でもいいよ〜」

「そうよね〜海なら作り直して〜もう一度会議

ここ

へ来てもらうけれど〜」

「君はほんとに流されやすいね〜」

 のんびりした口調の方は、流されやすい方の膝の上に抱えられていた。

「あの……じゃあ、陸で……」

「いい……わよ……」

「じゃあ酸素だね〜」

 そして初めの優しい方がこほん、と咳払いをした。

「さて、いよいよだけれど「あーー! ちょっと待って!」

 のんびりの方とはまた別の小柄な方が、円卓へ身を乗り出してきた。

「死んだらもらってもいい!?」

「は?」

「だから、君たちの身体、死んじゃったら僕らに頂戴! いいでしょ? こいつらにはうっかり逃げられたんだ。引っかかったのはそこのツンデレだけ」

 捲し立てる方は、怒鳴ってきた方を指差した。

「ね? いいでしょ? お願い! ね? お片づけもしておくから。ね? ね? お願いお願いお願いおねがいおねがいおねがいおねがい」

「わ、わかりましたってば! いいですよ!」

「本当!? やったー!! ふふふ。うふ。へへっ。ふはああああははは」

 そして満足したらしいその方は、円卓の下へ笑いながら潜っていった。

「すまない。驚いただろう?

 ……まあ、死んだ後なら大丈夫だと思うよ」

 初めの方は少し困ったような声だった。

「気をとり直して。君たちが「草食にするんだったらそれなりの態度をしなさい! 酸素まで供給してやってんだから、あんた達はあたし達に生かされているのよ!」

 その方はやはり遮られ、ツンデレの方がふんぞり返っていた。

「肉食に〜食われることも〜ちゃんと教えてあげなよ〜」

「はあ!? こんな貧弱な種族、餓死するに決まってんじゃない!」

(どっちも地獄じゃねえか)

 頭を抱える私に、誰かが心配そうな声をかけた。

「あの、大丈夫? 雑食でもいいんだよ?」

「えっ?」

 心配してくださった方は、私を押し込んだものとはまた異なる暖かさがあった。そしてなんとなく、美しすぎて直視できない。

 その方が、初めの方を見やる。

「うん。みんなが意地悪言いつつ説明してくれたけど、それでも構わないよ。君たちの前も同じようにしていたかな」

「そ、そうなんですか……じゃあ、雑食で」

 美しい方がツンデレの方に声をかけた。

「ふふ。よかったね。餓死しないかずっと心配してたものね」

「はあ!? 自立してるあたし達の前でこいつらバッタバタ死んでくのよ!? いい迷惑だわ!」

 ツンデレだ。

「あとは……ああ。夜行性と昼行性はどっちにする?」

 優しい方が取りまとめに入り、これが最後の質問だと知った。

 ずっと側で見守ってくれた優しい方。素直じゃないけれど心配してくれた方。私たちが最初に抱えられた流されやすい方。これからお世話になるのんびりした方。気長に待ってくれている捲し立てた方。暖かく美しい方。

 またお会いしたいと思った。

「……昼で」

 では、そうしよう。

 これからよろしくね。

 

 □■□

 

 荒い呼吸で飛び起きる。

 穴が開いて、もがき苦しむ方。至る部分を失った方。痣が広がりぐったりとした方。引付けのように痙攣する方。

 涙が止まらなかった。

「……また会いたい」

 何かをしなくてはいけない。どんな時代であろうと、ここで燻っているわけにはいかない。

 私は薄暗い部屋を飛び出した。